特色ある教育活動

本園では、様々な体験活動を通して、心身ともにたくましく、心豊かな幼児を育むために、次の教育活動を取り入れています。


保・幼・小・中交流活動「みどりフレンドシップ」

身近な人に対する親しみ、憧れ、感謝の気持ちをもち、人と関わる力を培うために、近隣の保育園児や小・中学生との交流活動を計画的に行う。

・保育園との交流(ドッジボール大会)

・小学校との交流(学校参観、給食体験、授業体験)

・中学校との交流(運動会への参加、中学生の職場体験)

 


地域の教育力を生かした活動「ようこそみどり幼稚園」

住んでいる地域に親しみをもったり、様々な日本の伝統文化に触れたりすることができるように、地域の方を講師として積極的に招き、交流する機会を設ける。

・お話会 ・盆踊りの会 ・歌の会 ・箏を聴く会 ・遊ぼうクラブ(父親参加活動)                  

 


幼児が地域に出向く活動「みどり探検隊

地域を知り、親しみや関心をもてるようにするために、様々な機会を通して、地域に出向く活動を充実させる。

・商店街買物 ・菊のアレンジメント届け ・高齢者在宅ケアセンター訪問 ・団地の花壇での栽培

 


保護者とともにする活動「みどりふれ愛隊

家庭と連携し、幼児の興味や関心の幅を広げられるように、保護者と触れ合ったり、開園20周年を親子で祝ったりする機会を設ける。また、保護者にとっても我が子の成長を感じる機会となるようにする。

 

・親子読書デー ・親子体操 ・敬老ふれあいデー ・遊ぼうクラブ(父親参加活動)

 

 

保護者の力を取り入れた活動「みどり応援隊

様々な保護者に対する親しみや感謝の気持ちを育み、信頼感を高められるように、教育活動に保護者の力を取り入れる機会を設ける。また、保護者自身が自分の力を発揮して、子育ての喜びを感じられるように楽しみながら参画できる活動を精選する。

 

・かんがるーひろば委員(未就園児親子登園の運営)

・文化広報(講演会の企画運営、広報誌の企画作成)

・サポーター活動(運動会、もちつき、お茶会など)

 

更新日:2020年04月10日 12:50:19